老後資金の準備方法は?必要な生活費や不動産投資について解説

2024-07-02

老後資金の準備方法は?必要な生活費や不動産投資について解説

シニアになったときに困らないよう、老後資金を準備したいと考える方は多いです。
しかし、具体的な準備方法が分からない、またどの程度の生活費が必要なのかイメージできないケースは少なくないです。
今回は自宅を活用したり、不動産投資をしたりする方法に触れながら、資金を確保するための準備方法を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

老後資金としてどの程度の生活費が必要?

以前は一般的に、1,000万円あれば老後資金として十分だとされていました。
しかし近年では、保険料や税金の負担が増加しており、1,000万円でも足りないという声が増えています。
たとえ世帯年収が1,000万円以上でも、これらの負担を考慮すると手元に残るお金は少ないことがあるでしょう。
ライフスタイルによって必要な生活費は異なりますが、基本的には月に30万円以上あれば十分とされています。
もし年金だけでは賄えない場合は、貯金を活用して毎月の生活費を賄う必要があります。

▼この記事も読まれています
不動産を売る際の確認項目とは?3つの要チェックポイントをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

自宅を活用する老後資金の準備方法とは

自宅を活用して老後資金を得る方法は、主に3つあります。
まず1つ目は、自宅を売却する方法です。
仲介手数料や所得税などの負担はありますが、すぐに現金化ができる利点があります。
金銭的な問題に苦しんでいる際の解決策としても利用されます。
2つ目はリースバックです。
リースバックを利用するには、契約後に家賃を支払う能力が求められます。
売却後も賃貸住宅として利用でき、住居に困る心配がない点が魅力です。
そして3つ目はリバースモーゲージです。
自宅を担保にして融資を受けられます。
リバースモーゲージでは、融資を一括で受け取るか分割して受け取るかを選択できます。

▼この記事も読まれています
家売却の販売活動のひとつである内覧を成功させるためのポイント

\お気軽にご相談ください!/

老後資金を不動産投資で得る準備方法も

不動産投資は老後の生活費をはじめ、さまざまな資金を確保する方法としておすすめです。
うまく不動産を運用すれば、安定した収入を得ることができ、定年後も安心して生活を維持できる魅力があります。
公的年金の支給額が今後減少するとの懸念があり、制度自体が崩壊する可能性も指摘されています。
このような時代背景から、投資によって安定した収入を得ることで、年金に依存せずに生活できる可能性があるでしょう。
近年ではシニア層がアパート経営を始める例も増えており、老後資金を確保する手段として適しています。

▼この記事も読まれています
検査済証は不動産売却時になぜ重要?ない場合の売却方法を解説

まとめ

老後資金として必要な生活費は人それぞれ異なりますが、一般的に30万円以上必要と考えられます。
老後にかかる資金の準備方法として、自宅を活用する、不動産投資をはじめるなどが挙げられます。
なかでも不動産投資は安定収入が得られるので、年金問題に苦しまずに済むでしょう。
宇都宮市で不動産売却をお考えならハウスドゥ宇都宮南がサポートいたします。
不動産売却でお困りでしたら、当社までお気軽にお問い合わせください!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

028-678-2888

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

空家

相続

査定実績

不動産取引etc

売却査定

お問い合わせ