二世帯を解消する原因は?ローン事情を解説

2024-06-11

二世帯を解消する原因は?ローン事情を解説

さまざまな理由で自分の両親や配偶者の両親と一緒に住んでいるものの、問題があって別居をしたいと考える方は多いでしょう。
引っ越し費用や生活費など金銭面でも大きな負担になるからこそ、周りはどのような問題を抱えているのかなど実情を知るのは大切です。
本記事では、二世帯同居を解消したいと思う主な原因と住宅ローンを組んでいる場合どうなるかを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

二世帯同居を解消したいと思う原因

「経済的な負担を軽減するため」「共働きだから親に子どもを見てもらいたいから」などさまざまな理由で二世帯同居をする家庭は多いです。
しかし、実際に生活をしてみると負担を感じてしまい、二世帯同居の解消に悩むケースも散見され、その主な理由として価値観の違いが指摘されています。
世代によって「子どもの育て方」「親の在り方」「男女の役割」などで認識が異なるのが現状です。
自分の両親と生活している分には不満を打ち明けやすいとしても、配偶者の両親と生活していると思ったことを言えずに溜め込みがちになります。
自宅と隣り合わせになっているだけで毎日顔を合わせる必要がなければトラブルも少ないですが、食事を含め一緒に生活をするのであれば注意が必要です。
自分たちの家族のライフスタイルに干渉が強いとストレスになりやすく、関係が修復できないほど悪化するリスクも伴います。
とくに専業主婦(専業主夫)をしていると、1日の大半を外で過ごしている配偶者に相談しても分かってくれない可能性が高いでしょう。
このように二世帯同居を解消したいと感じる原因はさまざまであり、決して珍しいことではありません。

▼この記事も読まれています
不動産は住宅ローンが残っていても売却できる?気になる売却費用をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

子世帯の名義で住宅ローンを組んでいたらどうなるか

二世帯住宅を子世帯の名義で住宅ローンを組んでいる場合、誰が住むにせよ子世帯が完済する義務が生じます。
二世帯住宅を子世帯の名義で住宅ローンを組んでいる場合、誰が住むにせよ子世帯が完済する義務が生じます。
親世帯が住み続けて子世帯が引っ越すのであれば、子世帯は引っ越した後に家賃や新居のローンと一緒に返済が必要です。
経済的な負担を感じる場合、親世帯から家賃を受け取り、それを住宅ローンの返済に充てることも一つの方法です。
その他の選択肢として、二世帯用の物件を売却し、その利益で住宅ローンを完済した後、それぞれが賃貸物件や新しい持ち家を検討することも可能でしょう。

▼この記事も読まれています
住宅ローンが返済不可に?競売になった場合の流れと避けるための対処法

まとめ

二世帯同居は経済的な負担軽減や子育て支援などのメリットがありますが、価値観の違いから生じるストレスが解消を求める原因となることが多いです。
とくに、世代間での認識の違いや配偶者の両親との生活は不満を溜め込む原因となります。
子世帯名義で住宅ローンを組んでいる場合、二世帯同居を解消した後も返済義務が残りますが、親世帯から家賃を得たり、物件を売却してローンを完済するなどの対策が考えられます。
宇都宮市で不動産売却をお考えならハウスドゥ宇都宮南がサポートいたします。
不動産売却でお困りでしたら、当社までお気軽にお問い合わせください!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

028-678-2888

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

空家

相続

査定実績

不動産取引etc

売却査定

お問い合わせ